目指せハイジニーナ!痛くない医療脱毛に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
衛生的

欧米ではもうスタンダードのようですが、日本でも数年前から流行り出している「ハイジニーナ」という言葉をご存知でしょうか?「ハイジニーナ」とは「衛生」と言う意味の

Hygiene(ハイジーン)から出来た言葉でアンダーヘアーが全くない状態のことを指します。最近では全くない、又は適度にお手入れされているという意味で使われる事も多いようです。アンダーヘアの脱毛はVIO脱毛とも呼ばれますが、大きく分けるとエステでの光でのレーザー脱毛と皮膚科などが行う医療脱毛とに分かれており、

今回、医療脱毛でVIOの施術をしてきたので,その経験談をお話ししたいと思います。

私が選んだのは某美容皮膚科(クリニック)のレーザー脱毛です。

インターネットから予約してカウンセリング日を決め、その日に一回目の施術が出来ること言うことで

行ってきました。アンダーヘアの脱毛という事で、前日までに自己処理しなくてはならないのですが、

レーザーを当てる場所には、一度全て毛がない状態にしなくてはいけない為、ハサミで軽くカットし、剃刀と電気シェーバーで処理しました。

Vラインはまだ見えるのでいいのですが、IラインとOラインはちょっと大変でした。恥ずかしさもありますが、そこは思いっきり鏡を用いて覗き込むようにやると良いようです。

施術の時に、表面に出ている毛が残ってしまうとレーザーが毛穴に入りにくかったり、ヤケドの恐れもあるようなので注意が必要です。

脱毛当日、受付を済ませたらすぐにカウンセリング室に呼ばれました。女性の綺麗な看護士さんが様々なリスクの説明や質問に答えてくださり

照射方法などを聞きました。私は内容に納得がいったのでそのまま契約を済ませ、照射室へ入りました。

事前にある程度ホームページなどで内容の確認をしていくとよいと思います。

今回はアンダーヘア—のVを少し残して、(好きな形にできます)I・Oは全て無くす為全部で9回の契約でサインをしたのですが

完全になくすのであればもう少し回数が必要との事でした。

照射室へは女性の看護士さんと私の2名のみで、彼女が手慣れた手つきで準備をしている間に

私はベットに横になり仰向けで施術を待ちます。場所によっては紙パンツの用意もあるようですが、私が行ったのはクリニックだったせいか用意がなく

タオルで隠しながらレーザーを照射していくやり方でした。

実際の照射ですが、思っていたより痛みはなく、ドキドキしましたが耐えられるくらいの痛みでした。医療レーザーは痛いと聞いていたので

安心しました。看護士さんが何度も「大丈夫ですか?」と確認してくださるので不安なく最後まで照射を終えることが出来ました。

Oラインの時はうつ伏せでした。

最後に冷やして炎症止めのお薬を塗ってもらい(この辺がさすがクリニック!)すべての行程を終了。

全部で30分くらいでした。

脱毛はこの先約2年まだまだ続きますが、数日たってからポロポロと毛が抜けており

早速効果を感じています。出力の強い医療脱毛にしてよかったです。

続けるごとに毛が生えにくくなり細くなっていくようなので

これからも変化が楽しみです。

町田の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>