脱毛コラム

クリームによるアンダーヘアの脱毛

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛方法として、クリームやジェルを利用する方法が存在しています。

専用のクリームやジェルは、お肌が敏感なデリケートゾーンに使用しても、影響を与えてしまう心配がありません。痛みを感じてしまったりお肌が荒れてしまうことがないため、安心して利用することができるのです。

また、クリームやジェルを利用すれば、きわどいところまで毛の処理を行うことができるメリットも出てきます。

粘膜の境目に毛が生えている場合、その部分の毛を処理することは難しくなってしまいます。ただ、処理の難しさによりそのまま放置してしまうと、毛の問題に悩まされることになってしまうでしょう。クリームやジェルの場合、粘膜近くの部分に使用しても、痛みを感じることが少ないため、安心して使うことができます。

お肌が弱い人はサロンに任せよう

この方法は、市販のクリームやジェルを使って行うこともできますが自身で施術を行うことに不安を感じる人は、専門のサロンに通ってみるとよいでしょう。サロンで施術を行うことで、自分では見えない部分もしっかりと脱毛していくことができます。

また、一人一人違っているお肌の強さも考慮に入れながら、使用するクリームの調節を行ってもらうことができるので、刺激を感じてしまう心配がありません。お肌が弱い人は、サロンにお願いしたほうが安心できるでしょう。

埋没毛ができる原因と自己処理による埋没毛の処理に関して

埋没毛について

埋没毛について考える女性
無駄毛を処理する際に自己処理を施すと、剃刀の場合さ深剃りによって肌の表面の角質を削る恐れがあります。

特に、肌を保湿せずに剃刀で剃ると肌と毛穴を傷つけることになります。

なので、剃刀で自己処理を行う際は剃る前にローションやクリームを塗って、肌を保湿するのがポイントになります。

さらに、肌を保湿することで毛が柔らかくなるので、剃る際に力を入れなくても剃ることが可能となります。

その影響により、剃刀によって肌の表面を傷つけるリスクを減らすことができる上に、剃った後も保湿することで肌のトラブルを防ぐことができます。

十分な保湿することが重要

無駄毛の自己処理は毛抜きで行うこともできますが、剃刀と違って肌を保湿しても途中で毛が抜ける可能性があります。

そのため、抜けきれなかった毛が皮膚の中に残る上に、毛穴を大きく傷つけるので埋没毛になりやすい傾向にあります。

他にも、除毛クリームは毛を溶かすことで自己処理を施せますが、肌に強い刺激を与えることになります。

よって、自己処理によって無駄毛を処理する場合は、確実に肌に負担を掛けることになります。

けれども、電動シェーバーは肌に与える刺激を抑えつつ無駄毛を処理できる他にも、埋没毛の処理することもできます。

さらに、電動シェーバーは肌に刃が直接触れないので剃刀と違って深剃りする恐れがありません。

また、電動シェーバーを使う場合でも剃る前と剃った後に肌を保湿することで、埋没毛の悪化と肌の乾燥を防ぐことができます。

脱毛するとワキガが改善されるのか

脱毛をしたらワキガが治ったという声はよく聞きます。確かに脱毛するとワキガが改善される可能性が高いのですが、100%ではありません。汗の量が多くなったり、逆にワキガになってしまうこともあります。高いお金を払って脱毛してるのにワキガになってまったり、ワキガがひどくなるなんて本末転倒です。

ワキガが気になる女性

ワキガの原因

ワキガの原因としてあげられるのが「アポクリン腺」とです。アポクリン腺は、ワキガと密接な関係があり、塩分がほとんど含まれていません。そのため、糖質や脂質などが豊富で雑菌の温床になりやすいところです。しかし、アポクリン腺から出た汗は臭くありません。アポクリン腺から出た汗に常在菌がこの汗に含まれる成分を分解して、ワキガ特有の臭いを発生させます。

脱毛でワキガは改善できる?

脱毛をしてもワキガの原因となるアポクリン腺は取り除くことができません。なので、ワキガになる原因である菌の繁殖場であるワキ毛を減らすことになります。ワキ毛を減らすことによって菌の繁殖が抑えられ、ワキガ臭を改善することができます。しかし、家でカミソリや脱毛クリームなどでするワキ脱毛ではあまり効果は期待できません。むしろ肌を傷つけてしまい、状態を悪化させる可能性もあります。そうならないようにするためにもサロンやクリニックに行き、脱毛してもらう方が良いでしょう。ワキだけの脱毛なら価格も安くでしてくれるところもあります。ワキガを治したいなら自分で処理をやらずにプロに任せる方が良いでしょう。

産後のムダ毛対策はいつから始めるべきか

出産というのは女性の体にまで大きな影響を与えます。そのため、妊娠する前には普通に行っていたことが出産によって制限されることもあります。そのなかで、産後の脱毛やムダ毛処理に悩まされている方というのは少なくはありません。

産後の女性

産後のムダ毛処理について

これまで、エステなどでプロの手によってムダ毛処理を行っていた人は産後どれくらい経ってエステなどに通って良いものなのか悩まれるところではないでしょうか。通常、産後はホルモンバランスの乱れが生じ、体毛などが薄くなる方が多いのですが、なかにはこれまでよりも濃くなる人もいます。この症状というのは、産後の二ヶ月目辺りから始まります。この期間というのは、ホルモンバランスが乱れていることもあり、毛根細胞がうまく働いていない状態でもあり、レーザー治療などを行っても、脱毛がうまく行かないというパターンが多いのです。脱毛により高い効果をもたらすと言われている医療レーザーなどを用いたとしても、産後は効果を得ることが困難だとされています。

いつ頃からレーザー治療で効果を得ることが出来るか

では、産後いつ頃からレーザー治療で効果を得ることが出来るのでしょうか。通常は産後のホルモンバランスの乱れというのは一年ほどで改善されると言われており、産後にレーザー脱毛を行う場合は一年ほど期間を開けることが大切です。その間のムダ毛処理はシェイバーなどを用いて、自己処理が必要とされます。

永久脱毛を匂わせて断る

勧誘が多い脱毛サロン対策

勧誘を断る女性
初回無料などの謳い文句で勧誘してくる脱毛サロン。一般的に、脱毛サロンでは光によって毛根にダメージを与えて毛を薄くするといった施術が行われることが多いのですが、基本的に何度も通わないといけませんし、通わなくなるとまたすぐに毛が生えてきてしまって、初回無料も正直あまりお得感がありません。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る

そんな時、上手に断る方法として、既にレーザーによる永久脱毛を行なっているという程を取るのはいかがでしょうか。勿論、ある程度自分で毛の処理ができていたり、もしくは他のサロンに通って脱毛していたりといった方でないと嘘であるということがバレてしまいますが、ある程度毛を処理できている方であれば、「既に永久脱毛を済ませているので…」という直接的な言い方や、またそこまでいかなくとも、毛がしっかり処理できている状態で「間に合ってます」とはっきり言うだけでも、もしかして永久脱毛をしている人なのかな?と思わせ、怯ませる程度の効果はあります。道端での声掛け程度であればこの隙に離れてしまうことも可能ですし、相手も必要以上に追ってくることはないでしょう。また、匂わせるだけではなく、実際に永久脱毛をしてしまうという方法もあります。少し割高ではありますが、サロンに通い続けるよりは安くあがり、施術も医療機関でしか行えませんので比較的安心です。