昔と大きく変化した脱毛の方式

変化した脱毛の方式

脱毛は、日本では昔から行われています。実は平安時代から、すでにムダ毛の処理などは行われていたのです。その当時に比べれば、日本における脱毛は間違いなく進歩しています。

例えば江戸時代における脱毛は、線香を用いていました。あの火をつける線香を用いる訳ですが、先端の熱い部分を体毛に直接当てる方法になります。それで体毛1本1本除去する方法だったので、かなり気が遠くなる作業です。

その線香脱毛は、当時は遊郭でお勤めの女性が行っていました。何せ線香はとても熱いので、火傷をしている事例も多かったと思います。

ちなみにその線香脱毛は、今でも行われている事があります。今ではサロンなどでもっと近代的な機器が用いられていますが、それでも今なお線香脱毛を実行している方も見られます。

ところが時代は変わって、現在では線香というよりもサロンで脱毛の施術を受けている方々が増えています。ほとんどのサロンでは、フラッシュの光を用いて施術を行っています。昔の線香に比べれば温度が低いですし、もっと効率的な脱毛を行う事ができます。

またワックス方式などもあります。ガムテープのようなイメージに近いですが、専門のシートとワックスを用いて、体毛を除去する方法です。

このように時代が変化しますと、脱毛のやり方も大きく変わる訳です。恐らく今後も、脱毛に対するニーズは残る事でしょう。ですので今後の脱毛は、だんだんと方式が変化していくかもしれません。

町田の脱毛サロンなび