脱毛するとワキガが改善されるのか

脱毛をしたらワキガが治ったという声はよく聞きます。確かに脱毛するとワキガが改善される可能性が高いのですが、100%ではありません。汗の量が多くなったり、逆にワキガになってしまうこともあります。高いお金を払って脱毛してるのにワキガになってまったり、ワキガがひどくなるなんて本末転倒です。

ワキガが気になる女性

ワキガの原因

ワキガの原因としてあげられるのが「アポクリン腺」とです。アポクリン腺は、ワキガと密接な関係があり、塩分がほとんど含まれていません。そのため、糖質や脂質などが豊富で雑菌の温床になりやすいところです。しかし、アポクリン腺から出た汗は臭くありません。アポクリン腺から出た汗に常在菌がこの汗に含まれる成分を分解して、ワキガ特有の臭いを発生させます。

脱毛でワキガは改善できる?

脱毛をしてもワキガの原因となるアポクリン腺は取り除くことができません。なので、ワキガになる原因である菌の繁殖場であるワキ毛を減らすことになります。ワキ毛を減らすことによって菌の繁殖が抑えられ、ワキガ臭を改善することができます。しかし、家でカミソリや脱毛クリームなどでするワキ脱毛ではあまり効果は期待できません。むしろ肌を傷つけてしまい、状態を悪化させる可能性もあります。そうならないようにするためにもサロンやクリニックに行き、脱毛してもらう方が良いでしょう。ワキだけの脱毛なら価格も安くでしてくれるところもあります。ワキガを治したいなら自分で処理をやらずにプロに任せる方が良いでしょう。