埋没毛ができる原因と自己処理による埋没毛の処理に関して

埋没毛について

埋没毛について考える女性
無駄毛を処理する際に自己処理を施すと、剃刀の場合さ深剃りによって肌の表面の角質を削る恐れがあります。

特に、肌を保湿せずに剃刀で剃ると肌と毛穴を傷つけることになります。

なので、剃刀で自己処理を行う際は剃る前にローションやクリームを塗って、肌を保湿するのがポイントになります。

さらに、肌を保湿することで毛が柔らかくなるので、剃る際に力を入れなくても剃ることが可能となります。

その影響により、剃刀によって肌の表面を傷つけるリスクを減らすことができる上に、剃った後も保湿することで肌のトラブルを防ぐことができます。

十分な保湿することが重要

無駄毛の自己処理は毛抜きで行うこともできますが、剃刀と違って肌を保湿しても途中で毛が抜ける可能性があります。

そのため、抜けきれなかった毛が皮膚の中に残る上に、毛穴を大きく傷つけるので埋没毛になりやすい傾向にあります。

他にも、除毛クリームは毛を溶かすことで自己処理を施せますが、肌に強い刺激を与えることになります。

よって、自己処理によって無駄毛を処理する場合は、確実に肌に負担を掛けることになります。

けれども、電動シェーバーは肌に与える刺激を抑えつつ無駄毛を処理できる他にも、埋没毛の処理することもできます。

さらに、電動シェーバーは肌に刃が直接触れないので剃刀と違って深剃りする恐れがありません。

また、電動シェーバーを使う場合でも剃る前と剃った後に肌を保湿することで、埋没毛の悪化と肌の乾燥を防ぐことができます。